ホームへ戻る

株式会社 中華・高橋の専門情報サービス

ホーム > 事業内容 > 専門情報サービス

中華の食べ手と作り手をつなぐ、中華料理専門ウェブマガジン 80C(ハオチー)?Informational Service?

ウェブマガジン80C(ハオチー)では、「見ると中華が食べたくなり、中華についてもっと知りたくなる」をモットーに、中華食材専門商社だからこそご提供できる、こだわりの中国料理と食材情報をお届けしています。
内容は、中国料理を愛する人々による座談会や、食材の生産地レポート、中国料理メニューの読み方、業界人ならではの耳より情報など、使えて学べて楽しめる情報が満載。このウェブマガジンを通じて、中国料理を愛する仲間が増えることが私たちの願いです。

80C(ハオチー)のご紹介

中華専門ウェブマガジン 80C(ハオチー)中華食材専門商社の知識とネットワークを活かして

1987年5月より発行していた中華業界向け月刊誌「料理見聞」のDNAを受け継ぎ、食材の生産者、メーカー、約1,800件の中華料理レストランとの直接取引等から得られる生きた情報を、主に料飲業界および食に関心の高い皆様にむけて発信しています。

タイトルについて

バラエティ豊かな中国料理や食材の魅力を「80C=80のChinesefoods、80のChuka)」という文字に託し、中国語で「おいしい」を意味する「ハオチー」という響きを80Cの文字に当てはめました。
また、8は日本人にとって「末広がり」、中国人にとっては「物事を発展させる」という意味合いを持つ数字。このウェブマガジンでも、中国料理のさまざまな楽しみ方を多くの人に伝え、業界を発展させていきたいと願い、このタイトルを付けました。

制作ポリシー

  1. ニュートラルな立場で企画・編集を行います。
    多くの方に中国料理の楽しさ、豊かさ、感動を伝えるために、取引状況や業界の枠に拘らず、常にニュートラルな立場でコンテンツを企画します。
  2. ラーメン・餃子のその先へ読者を誘います。
    中華といえばラーメン、餃子、ありきたりのコースメニューしか選べなかった方が、より能動的に中華料理を選べるようになり、自分の好きな味を見つけられる道案内役を任います。
  3. 中国料理をエンターテインメントコンテンツに仕立てます。
    今までに実現しなかったような顔合わせによる対談や、まだ広く知られていない食材の紹介など、読んでより深く中国料理が味わえるようなコンテンツをつくります。

ページのトップへ戻る