ホームへ戻る

ホーム > 会社情報 > 概要・沿革

概要・沿革

概要

商号 株式会社中華・高橋 (欧文社名 Chuka Takahashi INC.)
創立 1953年(昭和28年)5月26日
払込済資本金 8,180万円
業務内容 ふかひれをはじめとした業務用中国料理食材の加工・販売
従業員数 約60名
代表者 代表取締役社長 髙橋滉
主な取扱商品 ふかひれ類(乾燥、排翅、散翅 他)、水産品(鮑、なまこ、くらげ 他)、農産品(薬膳食材、生鮮および缶詰、ザーサイ等漬物 他)、畜産品(北京ダック、金華ハム、ピータン 他)、油脂類、スープ類、調味料類、香辛料、粉類、麺・餅類、点心類、デザート素材、酒類・飲料、茶、自社加工食品(C's Kitchen)
取引銀行 東京都民銀行茅場町支店 三菱東京UFJ銀行八重州通支店 三井住友銀行日本橋東支店 
商工中金深川支店 日本政策金融公庫

沿革

昭和28年5月 東京都中央区日本橋箱崎町に資本金50万円で株式会社高橋商店を設立。
海産物、珍味のほかに中国料理食材の卸を開始。
昭和32年12月 資本金200万円に増資。同年10月、ふかひれ加工を開始。
昭和38年12月 株式会社中華・高橋に社名変更。酒類販売免許を取得。
農畜産、水産、缶詰等の販売および貿易業務の開始。
昭和50年7月 資本金 800 万円に増資。仙台営業所開設。
昭和54年7月 資本金1,500万円に増資。
昭和60年2月 本社ビル落成。
昭和63年3月 東京江東区三好に営業センター開設。香港、広州、台湾から調理士を招き、
日本の調理士を対象とした「創作メニュー研究会」を開始。
平成元年3月 中華高橋有限公司(香港)設立。
平成元年11月 資本金4,500万円に増資。
平成3年8月 株式会社中華高橋水産設立。
平成9年4月 資本金8,180万円に増資。
平成9年7月 宮城県本吉工場竣工。
平成13年5月 日本屈指のふかひれ生産地・宮城県気仙沼の南三陸国定公園内にふかひれ専門工場「ふかふか村」を開設。
株式会社古樹軒設立。
平成16年10月 産学連携による実用化開発研究事業として、ふか肉開発に本格的に着手。
平成20年8月 インドネシアのスラバヤに現地法人PT. CHUKA-TAKAHASHI INDONESIAを設立。
平成25年5月 創立60周年。中国料理惣菜の開発・製造拠点および情報発信基地としてのC's Kitchenを立ち上げ。

ページのトップへ戻る